FC2ブログ

*いのちのうた*

週末ビックな対談が実現します。
われらが内田美智子先生と、国民的大スターを息子に持つ木村まさ子さん。
息子2人を持つ私には、どうしたらあんな素敵な息子に育つのか
興味津々です。
至近距離で学んで来ます!!



住吉神社式年遷宮大祭記念
いのちのうた特別対談
「食卓で伝えたい大切なこと」

食と暮らしを通じた子育てをテーマに講演活動をする
木村まさ子さんと、
食卓の力を見直すことの重要性を指摘し、
生とは何かを問い続ける助産師の内田美智子さんが、
2010年10月17日、福岡市の住吉神社能楽殿で対談します。

演題は「食卓で伝えたい大切なこと」。
食の現状を知り、行動を起こし、
子どもの自立心と生きる力を育み、
環境を変えていく。
対談では、日々の暮らしの中に、
「子どもを素敵な大人に成長させるヒント」が
詰まっていることに気づかされます。



出演:木村まさ子、内田美智子

とき:2010年10月17日(日)
   13時半開場、14時開演

会場:住吉神社能楽殿(福岡市博多区住吉3丁目1-51)
   電話092-291-2670

入場料:大人(高校生以上)2,500円、
    小・中学生1,000円

入場券販売:チケットぴあ、トークスタジオ


問い合わせ:092-791-6781(トークスタジオ)
      電話受け付けは、月曜から金曜の午前10時ー18時


主催:トークスタジオ、西日本新聞社

後援:タカコ・ナカムラWhole Foodスクール福岡校



プロフィール

木村まさ子(きむら・まさこ)
医食同源の考え方をイタリア料理に取り入れた、
薬膳レストラン「いな田」(神奈川県川崎市)を昨年まで経営。
レストラン経営と自身の子育ての経験から感じた言葉と食育の
大切さをテーマに、全国各地で講演活動を行っている。
著書に「イタリア薬膳を召し上がれ」(小学館スクウェア)
「育み はぐくまれ」(グラフ社)。

内田美智子(うちだ・みちこ)
大分県竹田市出身。
1988年から福岡県行橋市の内田産婦人科医院に
助産師として勤務。夫は同病院院長。
「生」「性」「食」をテーマに全国で講演活動を展開。
思春期保健相談士として思春期の子どもたちの悩みなどを聞く。
九州思春期研究会事務局長。
著書に「ここ 食卓から始まる生教育」「いのちをいだく」
「大学では教えてくれない大学生のための22の大切なコト」
(いずれも西日本新聞社)







コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |